成長企業の社長からのメール返信を見て気づいた「他との違い」

「人と違う」って、
とても良いことだと信じています。

と、言うと、
「そうですよね!私もそう思います!!」
と返されることが多いです。

多分、本気で思ってくれているんですけど、
でも、その人の行動を観たら・・

大抵の人は、
「人と違った方がいい」と思っているのに、

  • ”なんとなく”周りの人と同じだったり、
  • ”なんとなく”何もしなくて、
  • その他大勢と同じだったりしてしまいます。

例えば、メルマガ。

「メルマガなんて、送っても見てもらえないでしょう」
と言って送らなかったり。

そういう世界観の人は、
自分も登録したメルマガを読んだりはしていない。

きっと、
アウトプットに必要なインプットを、
軽く考えているんでしょうね。

先日、とある成長著しい企業の社長から
この手紙への返信が届きました。
※許可を得て掲載。

==

毎回毎回、とにかく目からウロコのメルマガに感動しています!
あまりにも素晴らしいので、返信せずにはいられません。

ただ感謝を伝えたくてメールしました。

これからもメールのフォルダを作ってことあるごとに読み返し、
そしてウチの社のメンバーでも共有していきたいと思います!

==
嬉しいですよね。当然。
私も、チカラになりたいなと思う訳です。

そして、
「成長するっていうのは、
こういうことか。」と教えてもらいました。

こうやって、他の人とは違うことを
当たり前のようにやっているんですよね。
”なんとなく”やらないを止める。

 

  • ・メールを読む。
  • ・読み逃さないように、専用フォルダを作る。
  •  (下記にフォルダの作り方も書いてあります)
  • ・読んだメールを、読み返す。
  • ・共通言語にするために、社内メンバーへも共有する。
  • ・返信をする。

どれも、一つ一つは、
難しい話ではありません。

それでも、
他の人がやっていないことを
「当たり前のように」やっています。

 

  • 「えー、無料メルマガをフォルダ分けなんて面倒だよ」
  • 「無料メルマガを楽しみにしているなんてダサい」
  • 「なんとなく、行動したくない」

こういう、
大勢の「常識」がある中で、
自分が良いと思った行動を、
自分のルールで選択していく。

 

フランスの政治哲学者
ジャン・ジャック・ルソーは言いました。

慣習とは反対の道を行け。そうすれば、ほぼいつでもうまくいく

プロ野球選手のイチローは言いました。

人と違うことをやるというのが、ぼくの基本ですから

こういう人が社長になるし、
事業を伸ばしていくんですよね。

他との違い。

メール一本見ても、分かるものだなぁと
変に納得してしまいました。

ほかのみんながしているという理由で、
なにかをしないようにしましょう。

しかるべき理由があって
他人と違っているのは、賢明な生き方なのですから。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加