【行列と生き方】なるほどなぁと思ったメルマガ返信+重要なお知らせ

「考え方」が行動を変えるんですよね。

先日の手紙で、

人生とは、命の時間の使い方。
行列並ぶより、自分の人生を楽しみましょう!

という趣旨のメールを送りました。

参考:【人生とは○○】行列を見ていたら・・
http://savers-inc.com/blog/parade/

そうしたら、
教育業界の方から返信が来て、
思わず唸ってしまいました。

※許可を得て転載しています。

今回のメルマガの内容、賛成いたします。
「どうせ1ヶ月もすれば」というのが基本的な立場です。

なのですが、私は並ぶ場合があります。
それは、「女房が喜ぶ場合」です。
確かに1ヶ月もすれば労少なくして買えるようになりますが、
「評判のお店に、(私のために)わざわざ(時間を使って)

並んで買ってきてくれた」という付加価値がつきます。

自分のためには並べませんが、人のためなら並べます。

 

確かにそうですね。

私だったら、それでも「買って来てもらう」という
オプションを使ってしまいそうですが笑

趣旨は、とても賛同できます。

【人生を誰のために生きるのか】

人は皆、成長と共に生きていきます。

最初は、未熟。
自分のために他人の顔を伺って生きる。

その後、独立。
自分のことを考えて生きていく。

次が、自立。
自分らしく生きることが、他人を邪魔しない。

論語によると、
この後に「不惑」「自得」「耳順」「従心」。。と続きますね。

特に、自分の心の通りに生きて、
道徳から外れることがない「従心」は、
人として憧れる部分でもあります。

【突破したいか】

この軸とは、少し異なるのですが、
個人的には、「突破者(とっぱもん)」という
生き方が気に入っています。

過激な交友関係や、
「キツネ目の男」として容疑を受けたことでも
有名な宮崎学氏の造語で
http://miyazakimanabu.com/

曰く
「結果が分かっているうえで、
他人のために損ができる人」のこと。

お金のために、
信用を積み重ねる生き方をする人はいるけれど

お金を損してでも、
他人のために生きていくことが出来る人は少ない。

こういう生き方、ボクは好きです。

【100名へのカウントダウン始まりました!】

4/22水に開催予定の出版パーティ。
おかげさまで、あと数名で満席です。
(4/6 13:00時点で後7名)

100名の方々に会ってお礼を言えるなんて、
そんな嬉しい話はありません。

本当に本当にありがとうございます。

あと若干名入れますので、
お時間ある方は、是非いらしてください。

出版パーティの詳細はコチラ。
https://www.facebook.com/events/1010407325653538/

【メールの配信頻度を減らします】

前々から社内で話し合っていた話なのですが、

読んでいただく方にとって、
一番負担のない頻度や分量ってなんだろう?と。

語りたいこと、伝えたいことが多すぎて、

「そんなに言われても
受け取りきれない」のではないかなと。

もっと頻度を抑えて、
言葉の密度をしていきます。

タイミングは悩むのですが、
今週から、テスト的に「月水金」の週三回で。

また、変更がある場合はご連絡しますね!

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加