【内緒ですよ?】起業家だけが知っているお金の考え方。

昨日、「忙しくなったから秘書を雇おうか」
と言う人に対して

①自分の時間を自由にするための「総務機能」
②自分の生活をトレースしてもらうための「後継者育成機能」
③自分のステータスを上げるための「自己顕示機能」

の3つの機能から考えよう!という話をしました。

まとめては、この本に書いてあるので、
ポチッとしてくださいね!

『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』
http://www.amazon.co.jp/dp/4844374060/nashiogw-22

もちろん、秘書を雇うことが
合理的な選択であることも多いのですが、
秘書に限らず、お金を使う時には

2つの軸で考えます。

【起業家に必要なお金の使い方】

お金の使い方を考えるとき、
普通の人は「お金を使う/使わない」の軸だけで考えてしまいます。

でも、
重要なのは「お金を稼ぐ/稼がない」の軸です。

これを二つ合わせると、

使う/使わない
稼ぐ(増やす)/稼がない

のマトリクスになります。

このうち「お金を使わず、お金を稼がない」領域は、
いわばやりくりの世界。

決して楽な選択肢ではないことは理解していますが、
ビジネスに携わっている限り
「お金を稼ぐ」ことを前提に考えないといけませんので、

お金がもったいないという理由だけで
秘書を雇わない発想は危険です。

かたや「お金を使ってお金を稼がない」領域は浪費の世界です。

お金を稼げないことを承知で秘書を雇う選択は、
「どうぞお好きに」としか言いようがありません。

お金を稼ぐことを前提にすれば、
「お金を使ってお金を稼ぐ」のは
投資の世界。

秘書を雇うことで生まれる時間で
秘書に支払う給料以上のお金が稼げるケースですね。

当然ながら合理的な判断です。

一方で「お金を使わずお金を稼ぐ」のが
真の節約の世界。

秘書がいなくてもお金が稼げるなら、
一流ビジネスマンになれます

さらに突っ込んで知りたいって方には
今度の本がおすすめです

【もうすぐ発売!】

『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』
http://www.amazon.co.jp/dp/4844374060/nashiogw-22

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加