コンサルタントが大成するための奥義。一気に成長する5つの質問

コンサルタントは、相手を見ると、その人が、

自分自身に対して何を言っているか

が「わかる」タイプじゃないと大成しません。

question

じゃあ、どうやって、「わかる」のかというと、
センシティブというか、感覚的なものなんですよね。

このあたりのカラクリは

言語化できていないのですが、
一言で言うと、

アンテナを貼っているから。

これに尽きます。

なんでこんな話をするのか?

以前、メルマガに書いた(ブログにもアップします)
答えは自分で出そう」っていう話。

反響がありました。

でも、
確かに反響はいいのですが。

じゃあ、代わりに何をすればいいのか

これを伝えていませんでした。

それじゃあ、少し不親切ですよね。
少しだけお伝えすると、

自分に何を問いかけるか。

これが、重要だと思っています。

import

そして、私が問いかけている内容は、
すっごく単純です。
私は、いつもこれを考えています。

常に考えたい。自分に問いかける5つのこと。

  1. 自分は今、どこにいるのか?
  2. これから、どこに行きたいのか?
  3. そのためには、何が必要なのか(何をするのか)?
  4. やってみて、なんで上手く行かなかったのか?
  5. じゃあ、どうやったら上手く行くのか?

これだけ。
4番目とかは、上手く行ったら、問いかける必要すらないですしね。

自分に対して、何と言うのか。
意外にナメてる人が多いのですが。

実はコレ、奥義ですよ。奥義。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加