コンサルタントがオファーをする時に必ずセットで用意すべきたったひとつの事

こんにちは

集客不要!売らずに売れるコンサルタント養成
株式会社Saversの福島宏明です。

このブログでは弊社代表小川のコンサル現場で
実際にクライアントに教えているコンサルノウハウを
記事にしてお伝えしていきます。

実際の現場で使われているノウハウなので
皆さんのコンサル現場でも即活用できるものと
なっています。

さて今回は、コンサルタントなら誰もが一度は経験する

「ネット上でセミナーなどのオファーを
 かけても見込み客の反応が良くない」

という問題について。

オファーをかけても反応が悪い

多くの方はバックエンドの商品(個別コンサル・顧問契約)を
契約して貰う為のフロントエンドの商品を用意しています。

バックエンド商品につなげる為にフロントエンドの商品である
セミナーなどに来て欲しいという気持ちが先走って、

◆このセミナーがどれだけ素晴らしいのか?
◆どんな悩みが解決するのか?
◆自分はどれだけ凄いのか

といった「売り込み色」が強くなる事があるはず。

見込み客は「参加してみようかな」と思っていても
売り込みの気配を感じると途端に参加するのを
取りやめたります。

オファーをかける際はセットで「安心感」を売れ

ではどうやって見込み客が途中で取りやめることなく
フロント商材に進むアクションをしてもらえるのでしょうか?
それを解決する為には人間の購買行動の原理原則に
答えが隠されています。

人間は自分のメリットを感じたとしても、本能的に
それが安心なのかどうか非常に気にする。

だからこそ、「ぐるなび・価格コム・アットコスメ」
などのクチコミサイトを見て人はできる限り失敗を
しないように安心感を得てから商品を購入するのです。

話しは戻ってあなたのオファーには
「第三者からの安心感」がついているでしょうか?

第三者からの安心感というのは具体的には

◆講師と受講者が笑顔で一緒に写っている写真
◆受講者直筆のアンケート(お客様の声)
◆お客様の声を文字に起こしたもの
◆受講者にセミナー受けた後の感想を動画でインタビュー

などがあります。

仮に強いオファーを見込み客にかけたとしても
それに比例して「強い第三者からの安心感」が
あれば、人はフロントセミナーに参加するし
バックエンドの商品も喜んで買っていくのです。

今までお伝えした「第三者からの安心感」というものを
盛り込んだセミナー申し込みのランディングページを
自社で作っているので具体的に知りたい方は一度
確認してみて下さい。

株式会社Savers セミナーご案内ランディングページ

この記事でお伝えしたいポイント

見込み客にフロントエンド&バックエンドの
商品を売りたい場合は、

オファーの強さに応じた
「第三者からの安心感」をセットで用意する。

そうすれば興味ある見込み客は安心してあなたの商品を
購入していくはずです。

フロントエンドの商品に対してあなたはどんな
「第三者の安心感」が用意できますか?

もしまだないのでしたら、今すぐ過去のクライアントに
頼んで、写真や感想を貰うアクションを起こして下さい。

そしてこれからの参加者には必ず直筆や動画で感想を
発言してもらって自分の資産にする仕組みを構築するのです。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加