計数感覚を持たないとオニが来る。

久しぶりに、鬼の形相になりました。

なんでって、社内でメンバーが
解決策に「数字を追っていない話」
をしたんですよね。

数字を追う = 計数感覚というのは、
ビジネスにおいて、特に重要で・・

という話をすると、反射的に

「いや、数字に表れないことも重要だ」
という人がいるんですが

そういう人はまぁ、
仕事が出来ないことが多いですね苦笑

というのも、
全てを数字にすることなんかできないのが
当たり前ですが、

それでも、数字(=共通指標)で
仕事を進めて行かないと、

  • 他人と仕事できない。(伝わっていない)
  • 複数の事柄から判断できない。(エイヤッで決めてる)
  • どこまでやればいいのかわからない。(とりあえず・・でやっている)

などなど、
「やった気になる」ことが多くなります。

と、ここまで言うと、
「そうだよね。数字大事だよね」と
他人事のように、画面をスクロールして

意外と自分ができているかに
目を向けず、問題に気がつかないことが多いです。

「弊社セミナー」の場合

例えばです。

弊社では、
毎月セミナーをやっているのですが、
事業における、セミナーの役割を考えてみましょう。

1:分解して、並べる。

まず、ステップとしては、

集客 →(教育)→  提供 → 成約

の流れです。
※成約をゴールとした場合で、
コンサル提供は割愛します。

2:単一になるまで分解する。

分解すると、
集客:導線とランディングページ(オファーとかも大切ですが)。
教育:オプショナルだけど、やった方が良いですね。

   動画送ったりとか、事前コミュニケーションも。
提供:セミナーと個別面談。
成約:一緒に成果を上げよう!ってなるかどうか。

弊社は、セミナー参加段階から、
個別面談があることはオープンにしています。

だって、セミナーだけより
さっさと成果出したい人は、
コンサル受けたらいいと思うから。

だまし討ちみたいなやり方ではなくて、
選んでもらってきてほしいので。

とはいえ、
セミナーだけで成果出る人も多いですからね。

明日、書籍が出版されるこの人もその一人。

セミナーに参加しただけで、
単価が上がったっていう連絡をもらいました。

わざわざ教えてくれるなんて
心配りが丁寧だし、さすがですね!

浅田すぐる『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』
→ http://goo.gl/2orgva

おっと、
思ったより長くなってしまいました。

続きは明後日。
数字を公開していきます。

 

【追伸】

そうだ。2/18にセミナーを開催します。

セミナーだけでも、
単価を上げられる人が多数出ている。

そろそろ、法人向けセミナーをやっていくので
いつまでやるかはわかりませんよー。

あと2名様に限りで早割価格で参加出来ます。

↓↓↓↓↓↓セミナー参加メリットはこちら↓↓↓↓↓↓

http://savers-inc.com/lp2/

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加