良さで速さは買えないが・・

さっさとやれよ!と思うのですが、なかなか進んでくれない人もいます。

先日、顧問契約を結んでいるクライアントから

”ステージが変わるから、方向を調整したい”というオファーがあったので、セッションさせてもらいました。

その中で、「トレードオフ」の概念を実感を持ってもらえるように

”例えば”と、例を挙げつつ共有していたんです。

※トレードオフとは、いわゆる「あちらを立てればこちらが立たず」のこと。

こちらを参照に。
http://www.amazon.co.jp/dp/483341936X/nashiogw-22

上質か手軽か。

もそうですが、速さと丁寧さなども、トレードオフになり得ます。

仕事でもそうですが、単一の品質でしか出せない人

場合によって、必要な品質を作り変えることができない人は、たいがい仕事できないです笑

【流れを意識する】

トレードオフの解消には、視野の広さと掘り下げの深さが必要なのですが、

速さと丁寧さに関しては、

良さで速さは買えないが、速さで良さは買うことができる

これは覚えておいていただきたい。

「質の低いものを出すリスクを避けるあまり、速度が遅くなってしまう」。

※これをリスク・リスク・トレードオフと言います。

この状態を避けるには、とにかく速さ

リスクをゼロにするための努力は、基本的にナンセンスです。

受け入れ可能なリスクであれば、費用対効果の観点で判断したほうがよほど合理的だと思います。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加