社長という気楽な仕事

社長っていうのは、気楽な稼業で、イヤなことは、何一つやらなくていいです。

やりたい人や、やってくれる人を雇用するって選択肢があります。

いくらコストをかけたってそれ以上の売上げを上げれば、会社としては全く問題ない。

(いや、コストは上げないに越したことないですが)

その分、絶対にやらなきゃいけないことがある。

それは、、、

稼ぎ、稼がせるということ

【面白い話ばかりしている社長】

社長っていうのは、仕事が好きだからビジネスアイデアを話させたら止まりません。

そして、アタマが良い社長ほど、脳内でモデルを完成させて”なんとなくできた気”になって満足しちゃったり。

でも、そうじゃないですよね。

構想を形にしてこそ、仕事です。

形っていうのは、売上げ。

顧客数の獲得。

つまり、、選ばれるっていうことです。

当たり前なのに忘れがちなのは、「上の人間がボランティアやったら下の人間は絶対に食えない」ということ。

つい、目先の利益よりも大きなものや面白いものを探して「直近では仕事にならなくても面白い話ができたからイイや!」とか考えてしまいます。

もちろん、”種まき” ”仕事に焦らないこと” の重要性を否定するつもりはありません。

でも、人を預かっている責任がある。

自分たちが作った事業モデルの中で仲間が仕事をしてくれているのなら、その人たちが稼げる金額、成果を出せる限界は事業モデルに依存します。

自分たちが何を目標にしていて、今、何をやっているのか。

その結果を、数字で管理していくこと。

気楽な社長が、気楽でいられるための大事な大事な責任です。

自戒を込めて。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加