異文化交流で共通の話題になる、誰もが毎日行っているアレ

人数が、ドンドン増えてます

仲間が増えるというのは、ありがたいことです

弊社にいるメンバーは、
年齢こそ幅が狭いものの

タイプはバラバラ

人種もエリアも一緒で
文脈が共有されている分
異文化交流とまではいかないですが

同じクラスにいても、
なかなか話さなそうな人たちも多いです笑

【査定も考えないと・・】

規模が大きくなってくると、

公平であること
透明性が高いこと
納得感のあること

これまで、どうにでもなっていたことも
重要なテーマになってくるので、
成長させる必要が出てきます。

査定に始まり、
足りない席数を、どうやって融通しようか。
いつ事務所移転しようか。

アレやらコレやらの手配が忙しく、
久しぶりに急成長を感じています。

できないことも多いのですが

自分だけのチカラではなく、グループ会社や
他の人たちのチカラも借りられるので

なんとかなる気がするのは、
周りに仲間がいるからです

仲間が増えた喜びと大変さを、
噛み締めながら、これからも励みます。

PS:余談ですが、異文化について。

海外の方と話をするとき、
「共通のテーマ」があると
会話がしやすいです。

イングランドの方ならサッカー。
スペインならサッカーかテニス。

そんな中、万国共通で話題になるのは、
トイレ」の話題。

どこの国にもありますし、
日本の技術は先端的ですからね。

もちろん、あまり具体的になりすぎて
下品になることがありませんように。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加