女性と二人でいる時に、雑談ができない男性

ちょっとライトな話題なんですが39歳未婚男性からの相談です。

==

「緊張しいで、女性と二人になると、上手に話せません。どうやって雑談すればいいでしょうか?」

==

頑張っているんでしょうね。なんか、マジメさが伝わってきます。

【前提条件は、やりやすいルールになっているか?】

仕事でもプライベートでも同じですが「とらわれ」に気がつくことができると失敗しにくくなります。

今回の場合であれば「上手に話せません」のあたり。

「話さないといけない前提」なんですよね。

むしろ雑談は「お互い話せる内容が見つかるまで聴く」という聴き方のほうが重要です。

【話す内容より聴く内容】

会話は、「違和感」に気がつけると早いです。

自分が作った基準よりもポジティブなのかネガティブなのか。

ネガティブな部分は「コンプレックス」の可能性があるので触らない

ポジティブな部分は「こだわり」の可能性があるので聴いてみる

そこに、自分の経験や聞いた話などを踏まえて返す。

文字にすると、堅いですね。

【例えば、バーで飲むとして】

ワインを持っていた女性がグラスをクルクル回していました。

その所作が「慣れているなぁ」と思ったら「ワインお好きなんですか?」と聴く。

まあ、飲んでるんだから好きなんでしょうし、会話のきっかけみたいなものです。

そこから、「ボクもこの間、ワインスクールに一回だけ行ってみたんですよ。でもアレ、危ないですね。勉強して”知る”と”語りたく”なっちゃいます」

など、笑い話を振っていって(ちょっと調べてみたんですけど、くらいならウソじゃないです)

相手の反応が良ければ

「どんなワインがお好きですか?」
「ワインに合うおつまみってなんだと思いますか?」など

オープンな質問に。

相手の反応が鈍ければ

「赤と白はどちらがお好きですか?」や
「シッカリしたものとサッパリしたものはどちらの気分ですか?」など

答えやすい二者択一系にしていく。(クローズドクエスチョン

【よくある質問】

「自分が話せるジャンルならいいのですが、自分が、全く詳しくないジャンルだったらどうしたらいいですか?」

はい。それは簡単です。

拙著『一流の人はなぜそこまで、雑談にこだわるのか?』の132Pをご覧くださいねー!

http://www.amazon.co.jp/dp/4844374370/nashiogw-22

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加