よく聞かれる「今後取り組んでいきたい事業」はコレだ!

講演に行くと「質問」をもらうのですが、
多くの質問が、習慣のことよりビジネスのことです。

よくある質問が

「今後、小川さんが取り組んでみたいと思っているビジネス・業界は何ですか?」というもの。

そうですね。
今であれば中国向けのビジネスは花盛りですよね。

ボクのグループ会社でも、
チャイナマネーを捉えるビジネスをしているので

肌感覚は分かるのですが、
日本買われるんじゃないかな」と心配になります。

昨日も、中華系の取引先と会ってきたのですが、

勢いが違う

ボクが「フルーツが好きだ」と言ったら、
デパートで、片っぱしからフルーツ買ってくれました笑

スイカ
メロン(二種)

みかん
イチゴ
ぶどう
マスカット
イチジク・・・

↓参考↓

http://gyazo.com/2e1cf82187c9f171d2ddd4022827b956

一人では、とても食べきれないので、
会社に持って行って、
弊社の取締役やパートさんと食べてました。

【これから始める事業はなにか】

ただ、これは「今」の事業。

質問のように「これから」始めるものだったら。
1つは、健康関連や高齢者向け

まぁ、当たり前ですね。

もう1つは、仮想現実や人工知能
とはいえ、技術者がいないと話になりません。

そういう話でなく、

今、まさに始められるものであれば
世界をフラットにするための活動」をしますね。

  • 情報の非対称性をなくしたり、
  • お金の偏在を是正したり

そういう「非営利目的」な事業って
実は、ものすごく稼ぐこともできますし。

じゃあ、具体的な事業レベルで言うと、
ボクが可能性を感じているものは

ずばり、【暗号通貨】です。

ビットコインみたいなもの」とか言うと、
悪い印象の人も多いでしょうけど
それは、「アフィリエイト=悪」という
過剰反応をしている人と同じです。

ボクたちは、イーサリアムというプロトコル(規約)を通して
世界を今よりフェアにする。

  • 「持っている」人たちの強みを活かす。
  • 「持っていない」人たちの可能性を活かす。

もう少し具体的に言うと、

  • NPO法人への寄付(クラウドファンディング)促進
  • P2Pのマイクロファイナンス支援

そんな事業をしたいと思っていて、
今、10個目の会社(というか社団)の設立準備に入っています。

社会を良くして、めちゃくちゃ利益も出す

そんな方向に、世の中が変わりました
その流れは、捉えていきたいですよね。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加