【朝日新聞社発表】総合1位になりました。

【朝日新聞社発表】総合1位になりました。

おかげさまで、書籍、多くの人に選んでもらっています。

今週頭に発表になった

「週間書籍売り上げランキング」(朝日新聞富山版発表)で

拙著『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』

http://www.amazon.co.jp/dp/4844374060/nashiogw-22

が、総合1位になりました。

(エリア別かつ、週間ですけどね)

toyama_top

ビジネス書ランキングじゃなくて、

富山での講演効果もありまして、
1)講演聞いた人が買ってくれる。

2)感想をFacebookやブログに書いてくれる。

3)口コミで伝えてくれる。

4)紹介された人やなんとなく気になってくれた人が買ってくれる。

5)本が売れるから、書店さんもチカラを入れる。
こんな順番で、一気にトップになりました。

バズ・ネットワークの広がりを、

実感した一週間です。

講演を企画してくださった方、

本を仕入れてくださった店長、

参加してくれた皆様のおかげなので

助けられていることを、痛感します。

【Amazonレビューも増えています】

ちょっと見ない間に、

Amazonレビューも増えていますが、

まだ、好意的なレビューばかりということは、

売れきっていないんだなぁと至らなさを痛感します。

AmazonレビューやFacebookのおかげで、

自分の書籍が、

・どこが刺さっていて

・どこが刺さっていないのか
よくわかります。

誰も触れていない箇所は、そのうち削除したいものです笑

【例えば、こんなものも。】

友人に紹介されて、購入しました!
最近は早起きできていませんでしたし、「やろう」と思いながらなかなか実行できていないこともあり、非常に耳の痛い本でした。
個人的には、漫然と「○○を習慣にしよう!」とすると上手くいかず、自分を傷つけてしまう可能性があるので、デタラメに習慣化を図るのは良くないと思っています。
しかし、この本の冒頭に「習慣化する際に一番大切な問いかけは『それを○○なのか?』」と書かれていて、目から鱗が落ちました。そこまでは考えたことがなかった。
そのため、成果を出すために高い基準が書かれていますが、無茶」や「無理ではない習慣化について学ぶことができます。
友人は「頑張っているけれど、辛い頑張り方をしている人におすすめしたい!」と話していました。

さらに力を伸ばして、成果を出したい人にはおすすめの一冊です!

ちなみに、この本を読んでから以前より課題だった早起きができるようになりました!

やはり朝の方が夜にダラダラとするよりも気持ちよく行動できますね。

早起きのために特別なことをしたわけではありません

それでも、きちんと早起きができるようになったので、この本を紹介してもらえて本当に良かったなと思います。
p.s.

また、「おわりに」の章に書かれていた、小川さんの短い話が胸に響きました

【習慣が変われば、人生が変わります】

「小川さんの短い話」は、

買っていただいた人だけの楽しみにしておくとして笑

皆さんのお役に立てたら、

著者冥利に尽きます。
今後とも、ご愛顧のほどをm(__)m

拙著『一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?』

http://www.amazon.co.jp/dp/4844374060/nashiogw-22

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加