【大金持ちとエリートサラリーマンの違い】大金持ちになる資格

しばらく海外を回っていて、様々な富裕層と会ってきました。

一方で、日本で仕事をしてくれているメンバーのことも観ていました。

そこで、ふと思ったのは、なんだろう?この違和感。ということです。

【仕事=お金を作る行動に対してのスタンス】

今回、約一週間を香港とシンガポールで過ごして触れ合ったヒトの中には様々な人がいました。

エリートサラリーマン
転職が決まった間の時間
スタートアップ企業でこれから未来を作ると輝いている人たち

と言った、「これから」のヒトたちだけでなく

シンガポールで6-7番目くらいの大富豪の息子。

つまり、生まれながらの大富豪

(お父さんから120億円振り込まれたことあるんですって。
働こうとは思えないでしょうね。苦笑)

金のトレーディングで資産を二桁億作っているヒト
金融系の大富豪
カジノの経営者
何やっているか、よくわからないけどお金持っているヒト笑

などと言った、「仕上がっている」ヒトたちとも多くの時間を過ごしてきました。

【エリートサラリーマンの会話】

ボクの同級生とか、正直、すごく優秀なんですよね。

米国のトップスクールでMBAを取得してそのまま世界最高峰の投資銀行に入り、転職して、ヘッジファンドで活躍している。

絵に描いたようなエリートとか。

それでも、まだ仕上がっていない。

ようやく、遊べるようになったんでしょうしね笑

それなのに、こういう人たちは、仕事の話をしないんです。

もしくは、「仕事終わるのが、◯時だから」と、仕事とプライベートを分けて話してたりしています

【さっさと”仕上がった”ヒトの会話】

それに較べて、起業家たちの会話は、もっと刺激的です。

会話していたら、「◯◯とか、何とかさん向きじゃないですか?」とか

「あっ、それ、ボクの知り合いにやっていた人がいます」とか

「これから法改正があるから、◯◯の準備をしておいた方がいいんじゃないですか?」とか

いっつも未来の話をしているし、

自分が関わるには・・

その話を、前に進めるには・・

と、いつも考えている。楽しそうに

エリートサラリーマンでも、小金持ちにはなれると思うんですけれど、ボクが今回会ってきたような大金持ちには、なれそうもありません。

なぜなら、「仕事」「お金」に対する考え方が全く違うから。

【日常生活で、いかに”価値”と向き合うか】

これ、ボクの会社のメンバーにも考えて欲しいです。

一代で大金持ちになったヒトは、ひとりの例外もなく、日常生活で新しいもの、誰かが欲しがるもの(=価値)を作り出すことを考えています。

それは、とても自然な行為で、さっきまで、どんなバカ話をしていても、何かを生んだり、何かをオペレートする話になったら再優先

必要なら、日本にだって電話かけます。

お金を生む行為というのが、日常の中に溶け込んでいます。

一方で、ボクが知っている限り、どんなに優秀であってもサラリーマンに、そういうヒトは一人もいません

正確には、そういう人は、サラリーマンに見えないんでしょうね。

社内にいる、起業家として働いていそうです。

こういう、スタンダードの違いを見せつけられると大金持ちになる資格ってあるんだなぁ」と肌で感じてきた次第です。

日本にいるボクの会社のメンバーを観て、果たして、それだけの「資格」を持っている人が
何人いるのか。

うすら寒い思いがします。

まあ、会社のメンバーは全然わかっていないんですけど。

この感覚、伝わるといいなぁ。

小川晋平 name
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加